読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏クリアデイズ

堂本さんが好きです。

薔薇と太陽テレビ初披露の後だからこそハルカナウタ語っていいですかね?

 
 
 
 

薔薇と太陽テレビ初披露の後、キラメキニシスの話題があちらこちらで出ていて、ハルカナウタってワードが全然出てなくて驚き。

 

キラメキニシスも素敵ですよ!

KinKi Kids×堂島孝平愛してます。

ただ、私はまだMコンまで手が出てないので見たこと無い。

 

なので今回は

ハルカナウタの曲自体とパフォーマンス両方の観点から私の趣味趣向に偏ったハルカナウタ語りをお届けします。

 

まずは曲

 

基本情報

ハルカナウタ

Fアルバム収録

 

イントロからかっこいいですよね。イントロって大事だと思うんです。つかみですから。

 

 

 

 

 

いま気づいたけど下の二つのツイート歌詞かぶってる。

ソロをKinKiに~は、いまのソロがどうかはわからないとこあるけど当時のソロはそうなんじゃないかと思う。ソロとKinKiを完全に切り離しす前の剛さん。このコンサートで街歌ってます。

自分のための記憶よりも 誰かの記憶でありたい

自分のための時間よりも 誰かとの時間 探してる

って言いたかった。

 

ギターとダンスでソロが合体してKinKi Kidsになったような演出だからDVDみるとなおさら歌詞がKinKiって思うのかもしれません。

 

誰かの記憶でありたい

ここがすごく好きです。

 

光一さんの記憶には剛さんいるし、剛さんの記憶には光一さんいるし、KinKi Kids尊いとか思っちゃう。

 

ではでは、キラメキニシスと薔薇と太陽の元祖であるあの演出について

 

Fコンのステージがこんなかんじ


f:id:sena0331:20160703123305j:image

 

光一さんステージ、剛さんステージ

 

ハルカナウタは幕で隠されてた光一さんステージがバッとあらわれて始まります。

f:id:sena0331:20160703134448j:image


f:id:sena0331:20160703135505j:image

 

 

光一さんのダンスはブレてしまったのでごめんなさい。

 

KAT-TUN八乙女光くん薮宏太くんもいますよ。

八乙女くんは堂島孝平さんのマネージャーさんに似てるらしいです。

 

なんか、語るっていって大事な演出について全然語ってない…。

 

映像作品を語るのは難しいんですよ、ええ。

(今更)

 

 

まぁ、こんな感じです。何やかんやFコンDVD観るのが一番いいんですよ。

 

一番言っちゃいけないやつ。