読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏クリアデイズ

堂本さんが好きです。

ラブソングとロストラブソング

ひとりごと
おはようございます

こんにちは

こんばんは

中間テストは私を見捨てました。

瀬奈です。


私が周りの友達によく言われたこと

嵐ってラブソング多いよね


これに長いこと疑問を持ってました。


じゃあ何が多いかすぐ答えられるってわけではないけれど。


ラブソング多いよね

よりも

ラブソングの印象強いよね

が正解なのではないかと思います。


テレビなんかでブレイクのきっかけと言われることがあるラブソーとか、そこからのONE LOVEとか。


デビュー曲に次ぐ看板曲みたいな立ち位置にいまでもいるんじゃないかと思います。


実際はどうだかわからないけど(笑)←無責任


では、本題

ラブソングとロストラブソング



嵐のほうの曲イメージ、「愛を誓う」とか「永遠に愛する」みたいなニュアンスの曲が他にあるのかはわからないけれど

KinKiのほうの「愛しても届かない」みたいなニュアンスの曲はわりとあると思うんですね。



嵐とKinKiは作品の中でどんな恋愛をしているのか


嵐の場合

ほっこり、幸せ、誰もがうらやむ。

このワードが浮かんできました。

嵐の歌うラブソングはすでに付き合ってることが多いように感じます。



「君と僕が一緒にいられれば幸せ」みたいな。

カップルの日常ソングとでも表してみます。

雑だな…。

KinKiファンに伝えるとするならば、剛さんが
「僕そういうの書けないんですよ~。」って言いそうな曲です。

Love Rainbowとか。



KinKi Kidsの場合

遊ばれてる?別れ、未練。

すごいワードだな…。


KinKiの曲聴いてると

恋なのか?愛なのか?騙されてるだけ?遊ばれてるだけ?

そんな曲と出会う。ような気がする。

こっちも印象強いだけなのかなぁ。


キスの首筋にナイフ突きつけ合うような

どうしようもないってどんな恋なのー!


Cool Beauty、宝石をちりばめても同じカテゴリーに入る、と思う。


思ったより少なかったな……。私の探し方が甘いのか。


別れ、未練は数え切れないでしょう。

愛しても愛しても届かない君なのに
いつかまた出会うためのサヨナラを告げたくて

KinKiの作品の男性は愛を言葉で表現するのが苦手なのかと思います。


お互いの存在確かめるためにわざとケンカしたり。


そんな感じのラブ、というよりロストラブソングが多いKinKi Kids



やっぱりKinKiの雰囲気にはロストラブソングが合うのかなぁ。